NEWS

新聞・雑誌業界のデジタル化を実現するCMS・EC統合パッケージ
「Open Media Suite」をイノベーター・ジャパンが提供開始

2019年11月20日―株式会社イノベーター・ジャパン(東京都渋谷区、代表取締役社長:渡辺 順也、以下 イノベーター・ジャパン)は、デジタルトランスフォーメーション(以下DX)が求められる新聞・雑誌業界のビジネスモデル変革支援を目的として、オンラインメディア構築CMS・EC統合パッケージ「Open Media Suite(オープンメディアスイート、以下OMS)」をリリースしました。OMSは、従来、紙媒体主体で提供されてきたコンテンツを簡易かつ戦略的にデジタル展開できるシステムであり、メディア事業者の新たな収益モデルの構築を目指すものです。

転換を迫られる紙メディア、DXに注目

全国出版協会の2018年調査によると、紙の出版物の市場規模は1兆2,921億円(前年比5.7%減)で14年連続縮小となる一方、電子出版市場は2,479億円(前年比11.9%増)1と成長を見せています。また日本新聞協会の統計でも販売・広告収入共に前年を継続的に割り込む傾向2にある中、すでに新聞事業者83社中33社が電子版及び有料デジタルサービスを展開3しており、DXは業界内でも大きな潮流になりつつあります。

1公益社団法人全国出版協会・出版科学研究所 2019年1月25日
https://www.ajpea.or.jp/information/20190125/index.html

2一般社団法人日本新聞協会「新聞社の総売上高の推移」
https://www.pressnet.or.jp/data/finance/finance01.php

3一般社団法人日本新聞協会「新聞・通信各社のデジタルサービス提供状況」
https://www.pressnet.or.jp/data/media/media01.html

OMS開発の背景

イノベーター・ジャパンはマーケティング、テクノロジー、デザインを融合させたソリューションを提供しており、紙媒体のデジタル展開プロジェクトにも精力的に取り組んできました。その中で、新聞・雑誌業界の課題として、コンテンツ運用のハードルの高さとマネタイズの難しさ等がネックとなり、まだまだデジタル化に踏み切れない、もしくは広告収入モデルを脱却できず持続可能なデジタルビジネスモデルを確立できていないという声も数多く聞きます。業界の業務フローを熟知するイノベーター・ジャパンは、OMSの提供開始によって、顧客のDX課題を解決することを目指します

OMSについて

OMSはEC機能を伴う、中~大規模ウェブメディアに最適化した会員制ウェブサイト構築システムであり、搭載機能を絞りこむことで、短期間・低コストでの導入が可能となります。

機能概要

  • ECサイトを構築できるCMS(コンテンツマネジメントシステム)
  • サブスクリプションモデルによるペイウォール機能
  • 読者情報をデータ資産に繋げる会員登録システム
  • 登録者数などの重要な指標を把握できるダッシュボード機能
  • DMP連携による行動履歴データ蓄積機能
  • 複雑な条件も設定できるステップメール送信機能
  • 運用コストを削減するタスク管理機能
  • 事業拡大・アクセス増に伴いスケール可能なシステム
  • 最新のセキュリティ体制、保守体制を構築しやすい

今後の展開

OMSの提供においては、パッケージ単体だけでなく、KPI設計や他メディアとの連携などの成長支援サービス、決済代行、オンライン広告代行など収益化支援を行うプランも提案可能です。また顧客の事業拡大までのコストを抑えるため、メディアPVやEC売上に比例したライセンス課金プランや、月額定額プランの提供を予定しています。また開発パートナー、導入パートナーとの業務提携も募集しています。イノベーター・ジャパンは、メディア事業者のデジタル化課題に対する最適なソリューションを提供し、DXを促進していきます。

お問い合わせ窓口

お問い合わせは、下記の窓口までお願いいたします。

→ PDFダウンロードはこちら