渋谷慶一郎氏のアンドロイド・オペラ 『Scary Beauty(スケアリー・ビューティ)』日本初演が7月22日に行われました

2018年7月23日


渋谷慶一郎氏のアンドロイド・オペラ『Scary Beauty(スケアリー・ビューティ)』の日本初公演が2018年7月22日に行われました。
世界の人工生命研究者が集う人工生命国際会議「ALIFE 2018」(主催:人工生命国際学会)のパブリックプログラムとして日本科学未来館(東京・お台場)で発表され、今回が日本初演であると共に完全に新しいバージョンでの世界初演。


[オーケストラを指揮するアンドロイド オルタ2(Alter2)]

世界的なロボット学者である石黒浩氏(大阪大学教授)のアンドロイド オルタ2(Alter2)に同じく世界的な人工生命の研究者である池上高志氏(東京大学教授)によるAIの自律的運動プログラムが搭載されたとき、このプロジェクトは始動しました。
このAI(人工知能)を搭載したアンドロイド オルタ2(Alter2)が30名に及ぶ人間のオーケストラを指揮し、それを伴奏に自ら歌う。作曲とピアノを渋谷慶一郎氏が担当、実際の演奏の際に起こるであろう人間の想像を超えた急激なテンポや強弱の変化、それに伴う歌唱表現の極度な振れ幅は全てアンドロイドが自ら決定する。 これは宿命的に加速する「自らが生み出したテクノロジーに従属することでしか生きていけない人間」の縮図をみせるモノオペラ/ショー/作品/であり、最後の音楽と言えるかもしれない演奏。

生命と機械の境目がなくなりつつあるのを感じる、来たるべき未来に対するアンドロイドとオーケストラによる壮大なリハーサルを暗転の中で目撃する最初の機会となりました。

本公演には当社からもプロジェクトメンバーが参加しており、ScaryBeautyの公式サイト構築も手がけるなど、様々な面で協力しています。


[日本科学未来館 「ジオ・コスモス」とアンドロイド オルタ2(Alter2)]


公式サイト : http://scarybeauty.com/
All Photo by Kenshu Shintsubo

お問い合わせ