NEWS

【セミナー開催】 先着1法人様限定「組織変革リーダー養成講座」開催のお知らせ 〜デンマーク・ビジネスデザインスクール校長と学ぶ2日間集中セミナー〜

※当セミナーの受付は終了いたしました。

2020年2月14日―株式会社イノベーター・ジャパン(東京都渋谷区、代表取締役社⻑:渡辺 順也、以下イノベーター・ジャパン)は、4月17日(金)、18日(土)の2日間で「組織変革リーダー養成講座」を開催いたします。

講師にストックホルム芸術大学客員教授やオールボー大学(デンマーク)ビジネススクールアドバイザーを歴任するDr. Christer Windeløv-Lidzélius氏を招待し、組織のDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進するための変革マインドセット、リーダーシップのあり方について議論します。

開催概要

日時
4/17(金)・4/18(土)
場所
イノベーター・ジャパン表参道オフィス

参加対象

  • 先着1法人様限定(5〜30名様程度まで)
  • DX組織を立ち上げたが、社内の危機感醸成や主体性に課題を感じている企業様
  • オープンイノベーションの活用に関心をお持ちの企業様
  • デジタルを活用した新規事業開発をお考えの企業様
  • 法人契約の形で社員様を派遣いただく形式を想定しておりますが、議論の活性化のため人数などに応じ公開講座への変更をご相談するケースがございます。

メッセージ

開講の背景

グローバル化が進展し、スタートアップの成長・市場参入も著しい現在、デジタル技術を活用することでビジネスモデルを変革し、競争力を高めるDXの必要性が高まっています。DXの狙いは、アナログデータをデジタルデータにするIT化にとどまらず、データ資産を活用した新ビジネスモデルやエコシステムを創出することといえます。

しかし一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)と野村総合研究所が2019年に行なったDX進展度合いの調査によれば、8割以上の企業が欧米企業に対して「圧倒的に遅れている」「多少遅れている」と回答しています。情報処理推進機構(IPA)の調査では、約半数の企業が5年後には現在の競争力を維持できなくなると回答しました。

DX推進を妨げる大きな要因は、実は組織内にあります。日本企業が挙げたDX推進課題TOP3は、危機感が全社に浸透しない、社内での抵抗が大きい、人材育成ができない。つまりDX実現は、社員がこれまでの行動パターンを脱して、変革のマインドセットを持てるかにかかっているのです。

2010年創業時より、イノベーター・ジャパンは北欧発のビジネスデザイン手法も取り入れながら、クライアントのDXに取り組んできました。今回はデンマークよりイノベーションとビジネスデザイン教育の第一人者であるDr. Christer Windeløv-Lidzélius氏をお招きし、ワークショップを通じて、組織変革マインドセットとアクションプランを持ち帰っていただきたいと思います。

セミナーの内容

第1部:デジタルメディア業界のDX10年史・成功事例と将来展望(4/17 10:00〜11:00)
講演:株式会社イノベーター・ジャパン 代表取締役社長 渡辺 順也

  • 【主な内容】
  • イノベーター・ジャパンの紹介と取り組み
  • メディアDXの最前線:データ資産活用とコンテンツエコシステムの創造
  • なぜ今北欧のイノベーションなのか

第2部:ワークショップ「組織変革リーダー養成講座」
(4/17 11:00-18:00 / 18日 10:00-18:00)
講演・ワークショップ:Dr. Christer Windeløv-Lidzélius氏
モデレーター: 株式会社イノベーター・ジャパン 代表取締役社長 渡辺 順也

  • 【主な内容】
  • イノベーションと事業戦略
  • 複雑系としての組織
  • チームビルディングのためのケーススタディワークショップ
  • イノベーションマネジメントモデル
  • イノベーションリーダーシップ
  • 組織におけるマネージャーのあり方
  • ピッチセッション
  • 振り返りと内省
  • 第1部、第2部とも内容、時間構成は変更の可能性があります。
  • 第2部は全編英語で行われ、渡辺が適宜モデレーターを務めます。

申し込み方法

CONTACTページよりお気軽にご連絡ください。

※当セミナーの受付は終了いたしました。

株式会社イノベーター・ジャパン 代表取締役社長 渡辺 順也

1978年、千葉県・柏市出身。慶應義塾大学商学部を卒業後、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社(現・日立ソリューションズ)に就職。その後株式会社サイバーエージェントを経て、2010年に株式会社イノベーター・ジャパンを設立。専門分野はビジネスデザイン、プロジェクトマネジメント、システムアーキテクト。2014年、事業構想修士課程修了。現在、社会情報大学院大学の准教授を務め、アートとビジネスの融合について研究中。

Dr. Christer Windeløv-Lidzélius氏

北ウプサラ大学(スウェーデン)で政治学・経済学を専攻したのち、ヘリオット・ワット大学(英国)にてMBA、ティルブルフ大学(オランダ)にて「複雑系組織におけるイノベーション」で博士号取得。ストックホルム芸術大学(スウェーデン)客員教授、オールボー大学(デンマーク)ビジネススクールアドバイザー、The Taos Institute(米国)アソシエイト等を歴任。現在リーダーシップとアントレプレナーシップに関する革新的な教育デザインで注目されるデンマークのビジネスデザインスクールKaospliotの校長であるほか、起業家、コンサルタント、マネージャーとしての20年以上の経験をもとに世界各国で講演・講義を行うほか、25ヶ国以上の企業、NGO、公共機関と協業。国際的学術誌、デンマーク国内でのメディア掲載多数。

お問い合わせ窓口

お問い合わせは、下記の窓口までお願いいたします。

  • 本件に関する一般からのお問い合わせ :担当:菊池
    Tel : 03-6418-2869(代表)/ Email : お問い合わせ