NEWS

「北欧式イノベーション創発戦略マスタークラス」をデンマーク大使館投資部の協力のもと、イノベーター・ジャパンが開講 〜元LEGOプロダクトデザイナーやストックホルム芸術大学客員教授等講師を招致〜

2019年11月28日―株式会社イノベーター・ジャパン(東京都渋谷区、代表取締役社⻑:渡辺 順也、以下イノベーター・ジャパン)は、12月9日、14日の2部構成で「北欧式イノベーション創発戦略マスタークラス」を開催いたします。

12月9日(月)には「デンマークデザインセミナー&ラウンドテーブル」と題したデンマーク大使館投資部との共催講座を実施します。元LEGOのプロダクトデザイナーであり、現在はイノベーションコンサルティング企業Artlinco A/S. CEOのSøren X. Frahm氏を迎え、デンマークにおけるデジタル化とイノベーションの実践について講演とディスカッションを交えて学びます。

12月14日(土)にはストックホルム芸術大学客員教授やオールボー大学(デンマーク)ビジネススクールアドバイザーを歴任するDr. Christer Windeløv-Lidzélius氏による、最新のイノベーション理論を学ぶワークショップ「北欧式イノベーションメソッドの最新潮流」を実施します。

開講の背景

2018年5月に経済産業省と特許庁より公表された「デザイン経営宣言」において、事業戦略構築の最上流からデザインが関与する「デザイン経営」の実践により、高い経営パフォーマンスを発揮することが提示されました。デザインを通じたイノベーションの重要性が官民問わず認識され始めていると言えます。
一方で日本では、デザイン経営(もしくは思考)を通じて収益向上を実現した事例はまだあまり見られないのが現状です。その主な理由としては「そもそもデザイン思考についての理解が足りない」「デザイン思考を経営に活かせる人材がいない」(ビビビット「「デザイン経営」と「デザイン思考」に関する意識調査」)という事情が挙げられます。
イノベーションを継続的に起こしていくためには狭義のデザイン手法だけでは不十分であり、組織やリーダーシップのあり方にも変容が必要です。近年このような課題に応えるべく、複雑系や社会構成主義、社会的相互作用論の影響を受けたイノベーション理論が注目されています。
2010年創業時よりビジネスデザインを提唱し、デンマークにオフィスを構えるイノベーター・ジャパンは、北欧の新たな潮流を日本にも紹介したいと考えました。今回デンマーク大使館投資部の協力のもと、北欧式イノベーションを体系的に身につけられる講座を構想し、今回の実現に至りました。デンマーク大使館投資部は、日本企業の直接投資によるイノベーション創出を支援するべく積極的な投資支援を行っています。

開催概要

「北欧式イノベーション創発戦略マスタークラス」
主催
イノベーター・ジャパン
場所
イノベーター・ジャパン表参道オフィス
第1部
「デンマークデザインセミナー&ラウンドテーブル」(デンマーク大使館共催)
第2部
「北欧式イノベーションメソッドの最新潮流」

詳細内容

第1部「デンマークデザインセミナー&ラウンドテーブル」
日時:2019年12月9日(月) 15:00〜18:00

  • 【主な内容】
  • 講演「デンマークのデジタル化とイノベーション」:デンマーク大使館投資部 部門長 中島健祐氏
  • プレゼンテーション:Søren X. Frahm氏
  • イノベーションデザインに関するラウンドテーブル
  • ネットワーキング

第2部「北欧式イノベーションメソッドの最新潮流」
日時:2019年12月14日(土) 10:00〜19:00

  • 【主な内容】
  • イノベーションとストラテジー
  • ケーススタディによるチームビルディング
  • ワーキングランチ
  • 社会的相互作用とマネジメント
  • 複雑系理論の描く社会
  • 複雑系理論とリーダーシップ
  • 2020年、ストラテジーに求められるものとは
  • ピッチングセッション
  • 修了パーティ
  • 第1部、第2部とも内容、講演者は変更の可能性があります。
  • 第2部は全編英語で行われます。

申し込み方法

peatixよりお申し込みください。
第1部 https://innovation-masterclass-1.peatix.com/
第2部 https://innovation-masterclass-2.peatix.com/

中島 健祐氏略歴

デンマーク大使館投資部部門長(デンマーク外務省投資局所属)。通信会社、米国系コンサルティング会社を経て、2008年よりデンマーク外務省投資局(インベスト・イン・デンマーク)に参画。従来のビジネスマッチングを中心とした投資支援から、プロジェクトベースによる戦略コンサルティング、特にイノベーションを軸にした顧客の成長戦略、新規事業戦略、技術戦略を支援する活動を展開している。最近は特にデンマークで進展している、ビッグデータ、IoT、ロボット、人工知能、デジタルデザイン、そして日本とデンマークが共有する伝統と革新の要素を総合的に組み合わせた、新しいフレームワークの構築に邁進している。著書に『デンマークのスマートシティ~ データを活用した人間中心の都市づくり』(学芸出版社)。

Søren X. Frahm氏略歴

北欧市場向けハイエンド製品のプロダクトデザイナーを経て、LEGO社のインダストリアルデザイナー、プロジェクトマネージャーを歴任。新製品のコンセプト構想や、戦略的製品&ソリューションの開発等に携わる。その後、デザインエージェンシー Innovator Design ApS を設立、グローバルオーディオメーカーから北欧の子供向け眼鏡に至るまで幅広い製品&サービス提供を手がける。2001年からは戦略的思考デザイン・イノベーションエージェンシー Artlinco A/S. を設立しCEOに就任。事業収益と消費者体験、そしてイノベーションを誘発するデザインを掲げて多数のプロジェクトを推進している。

Dr. Christer Windeløv-Lidzélius氏略歴

ウプサラ大学(スウェーデン)で政治学・経済学を専攻したのち、ヘリオット・ワット大学(英国)にてMBA、ティルブルフ大学(オランダ)にて「複雑系組織におけるイノベーション」で博士号取得。ストックホルム芸術大学(スウェーデン)客員教授、オールボー大学(デンマーク)ビジネススクールアドバイザー、The Taos Institute(米国)アソシエイト等を歴任。現在リーダーシップとアントレプレナーシップに関する革新的な教育デザインで注目されるデンマークのビジネスデザインスクールKaospliotの校長であるほか、起業家、コンサルタント、マネージャーとしての20年以上の経験をもとに世界各国で講演・講義を行うほか、25ヶ国以上の企業、NGO、公共機関と協業。国際的学術誌、デンマーク国内でのメディア掲載多数。

お問い合わせ窓口

お問い合わせは、下記の窓口までお願いいたします。

→ PDFダウンロードはこちら