HOME Corporate IJ新入社員座談会!〜後編:IJに入ってみて、どうだった?〜

IJ新入社員座談会!〜後編:IJに入ってみて、どうだった?〜

著者アイコン
高尾 有沙

こんにちは!4月に株式会社イノベーター・ジャパン(以下、IJと表記)に入社した高尾です。
2021年4月には、新卒1名、中途1名、合計2名の社員が入社しました。

そこで今回は、新入社員にインタビューをし、「どうして入社したのか?」そして「入社してみてどうだったか?」などを聞いていきました(かく言う私も新入社員なのですが、1人2役ということで大目に見ていただければと思います…笑)。

本記事は、前後編の2本立てでお送りします。後編では主に『入社してみてからの印象の変化』や『ぶっちゃけどうだった!?』といった感想、『今後の取組みや野望』などにフォーカスを当てて、インタビューをしていきました!

※前編はこちら

ー入社後についても聞いてみたいと思います。安藤さんはご入社してからどのような仕事をされているんですか?

安藤「僕が入社してやっているのは、大きく2つです。ひとつはデザイナーとして、サイトの修正やコーディング、デザインなどのトレーニングや実践。もうひとつはURASANというアートメディアのリリースに向けたプロジェクトです。

自分にタスクが降りてくるわけではないので、何が必要なのか、どうやったら進められるのかの『あたり』をつけながら話を聞き、メンバー全員で動かしていく、ということをしています。そこが面白さでもあり難しさでもありますね。『誰かに何かを頼むときにWHYを語る・HOWを語る』など、言語化の必要性も実感しています。」

20210422-P1040681
(安藤さん)

ー高尾さんは職種転換を経てみて、どのような仕事をされているのでしょうか。

高尾「私はコミュニケーションマネージャーとして、以下の4領域の仕事をしています。

  • 弊社の持つ3サービス(MediaDX,tenpu,BLIS)のプロダクトマーケティング
  • コーポレートブランディング・広報
  • インナーブランディング(組織開発、コミュニケーション活性化)
  • 自社メディアやSNSを利用した採用広報

多岐にわたる横断的な仕事をしていますが、色々なメンバーと関わりながら、自分の多動性やこれまでも経験を活かしつつ仕事ができているので、毎日ワクワクしています。週に1回渡辺さん(社長)とのディスカッションの時間を設けているのですが、自分のやれること、やりたいこと、やるべきことが広がっていて、とても刺激的です。これを実現に持っていくことが、今後のミッションです」

ーお二人が入社してびっくりしたことはどんなところにありましたか?

安藤「フランクな会社で、すごくコミュニケーションが活発だったことです。僕の今まで持っていた『会社』のイメージを大きく覆されました。例えば、疑問点があったら、新入社員の立場であっても、社長に直接話を聞ける。時間の使い方も、出勤の時間を自分で決められたり、自宅で仕事をしたり人もいれば、逆に朝早く出勤して早めに終わらせる人もいる。ライフスタイルに合わせた仕事の仕方をしているな、という印象がありました。

中抜けしてカフェ行ったりし、リフレッシュした環境でよりたくさんの会話が生まれる、といったことも経験しました。『この会社の人達はコミュニケーションを大事にしているんだな』と思い、驚きました。」

高尾「まずは、良くも悪くも『自分で取りに行く』姿勢が求められるところ、でしょうか。ドリームキラーというか、やりたいことを止めにかかる人がいない分、誰かがやることや成果をお膳立てしてくれたり、レールを用意してくれるわけではないので、高い自発性が求められます。

ただ、そういう会社は正直、結構多いと思います。むしろ、驚いたのはそこではなく、そういった自発性を助ける「仕組み」がたくさんあるところです。例えば毎朝15分の朝会があり、ここでは目標達成や日々の業務に対して支援が必要であれば助けを求めることが出来ます。また、オフィスに出勤すると誰かしらいて、オープンでフラットな雰囲気なので、質問やディスカッションを行いやすい雰囲気です。
また、これはベンチャー企業には珍しいと思うのですが、朝の始業時間、昼休みの開始時間、目安終了時間にチャイムが鳴るので、お昼を食べに行きたい人はそのタイミングで一緒にランチに行っています。前職までは人との関わりがミーティング以外に皆無、という日も多かったので、コミュニケーション量の多さには驚きました。」

安藤「確かに、僕も『自分で取りに行く必要性』は感じています。自分でキャッチアップしつつ、実践しながら、できないところは助けを借りて…という流れを作れているのはとても良いなと思います。色々な職種の人が入り混じっていて話ができるのも、驚きと同時に良い点だなと感じています。」

高尾「確かに。私は正直、多動性が高く飽き性なところがあるのですが、いろいろな人と色々な領域のディスカッションをしていると、常に脳みそが働いている感じがあって、とても楽しく仕事が出来ていますね。」

ダウンロード (1)
(高尾さん)

ー生活面・ワークライフバランス面での変化はありましたか?安藤さんは特に、名古屋から東京に出てこられてすぐだと思いますが、いかがでしょうか。

安藤「新社会人になって、思ったより時間が早く過ぎるなと感じています。土日は、高校の時の同級生に声をかけたり、オンラインサロンの知り合いに会ったりしています。東京の色々なところを散策するのも楽しいですね。印象的だったのは二子玉川。自然豊かで大きな本屋さんもあって…社長や社員と一緒に美術展に行ったこともありました。新しいことを日々経験しています」

高尾「大きく変わったのは、出社の頻度が上がったことです。私は出勤に1時間強くらいかかるのですが、出社して帰宅するという動きを取ることで、リモートだけだったときと比較すると、気分転換もしやすく、だいぶヘルシーになったとは思います。そして、皆さん仕事が終わったら割とさっと帰る文化なので、終わった後に勉強会などに参加できるようになりました。新しいチャレンジに際して、必要なのは学びだとも思っているので、仕事と、仕事に資する勉強を両立させていこうとしています。」

ー最後に、お二人の今後の目標について、教えて下さい。

安藤「向こう半年での目標は、『脱!初心者デザイナー』です。コーディングやデザインなどに詳しくなり、『筋の通ったデザイン』のできるデザイナーになりたいと思います。」

高尾「私は向こう半年で『パラレルに動き、頼りになるコミュニケーションマネージャーになること』です。弊社には、まだまだ世に知られていない良いところ、面白いところがたくさんあるので、そういうところをたくさん表に出していきたいですね。
特に広報領域については初めての仕事でもあるので、『脱!初心者広報』を目指し、メディア露出などを狙った広報だけではなく、SNSなども駆使したボトムアップでの広報の形を追求していきたいと思います。弊社は現在外に開かれた会社を目指しており、IJの中にいるメンバーが、どんどん外の世界とつながって融合して、新しいものが生み出される…といった状態を作っていきたいと思っています。」

20210422-P1040665(オフィスにて)

ーありがとうございました!

ワクワクしながら挑戦する!だけじゃなく、周囲と助け合いながら、一緒に高みを目指せる、少数精鋭だけど温かい…そんな、不思議な職場環境です。

弊社への入社に興味がある方は、是非以下のサイトよりご応募ください!

採用サイトはこちら

  • MediaDX
  • tenpu
  • New新着記事
    • Marketing

      1

      第3回アドテク勉強会を実施しました!(その3・今後の広告のあり方は?)

      著者アイコン
      高尾 有沙
    • Marketing

      2

      第3回アドテク勉強会を実施しました!(その2・クッキーとIDFA)

      著者アイコン
      高尾 有沙
    • Marketing

      3

      第3回アドテク勉強会を実施しました!(その1・プライバシー保護の歴史)

      著者アイコン
      高尾 有沙
  • よく読まれている記事
    • Other

      1

      早川書房が電子書籍半額セールしていたので1500冊から7冊買ってみた

      著者アイコン
      しゅうさん
    • Marketing

      2

      第3回アドテク勉強会を実施しました!(その3・今後の広告のあり方は?)

      著者アイコン
      高尾 有沙
    • Marketing

      3

      第3回アドテク勉強会を実施しました!(その1・プライバシー保護の歴史)

      著者アイコン
      高尾 有沙
    • Other

      4

      【部活動紹介】IJテニス部を始動しました!

      著者アイコン
      Rintaro Kijima
    • Tech

      5

      【お仕事図鑑シリーズ】IJのシステムエンジニアってどんなお仕事なの?

      著者アイコン
      高尾 有沙

関連記事